CX-60

マツダの新しいクロスオーバーSUV

マツダの新しいSUV、「CX-60」は今秋登場。

新世代ラージ商品群第一弾のCX-60は、時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を愉しめる「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとした、2列シートミッドサイズSUVです。

エンジンは、2.5Lガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせ、モーターならではの滑らかな加速フィールを特徴としたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼルエンジンに電動化技術M HYBRID BOOST (48V マイルドハイブリッド)を組み合わせ、アクセルを踏み込んだ瞬間から感じられる人馬一体の走りの進化と燃費性能向上を実現した「e-SKYACTIV D」、排気量アップによる高出力化とクリーンな排ガス性能を同時に実現した直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」、軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する2.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」の4種類を設定しました。

さらに、ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する、「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。

加えて、より安心・安全な運転の実現を目指して、お客さまに合わせたドライビングポジションの調整支援を行う「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用した機種を設定し、マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」に基づき、運転するドライバーだけではなく、同乗するパートナーやご家族にも安心・安全をお届けすることを目指しました。

デザイン

ロングノーズ/ショートデッキのプロポーションや堂々とした車格による力強さの中に、上品な品格をまとった新たなSUVデザイン

枯山水庭園に代表される日本の伝統美には、「引き算の美」が表現され、シンプルさの中に気品があります。

CX-60は、この日本の伝統美から着想を得たデザインにより、繊細でありながらも力強い外観を実現しました。
このサイズのSUVにありがちな周囲の環境を支配しようとするものではなく、
日本人が大切にしてきた、自然と調和することで生まれる美しさ、という考え方が息づいています。

インテリア

ゆとりある贅沢な空間を実現したうえで、特別感のある「プレミアムモダン」と「プレミアムスポーツ」をはじめとするインテリアが個性豊かな世界観を拡張。

クルマが人生を豊かにし、気持ちを高め、穏やかで心安らぐ場となるように。
日常の中でいつの間にか萎縮してしまっていた心を解き放ち、新しい可能性に思いを馳せることができる空間となるように。

マツダは、人々にそのような価値を提供できると信じ、CX-60のインテリアをデザインしました。

パフォーマンス

「パワフルなエンジンラインナップ」と「エンジン縦置き方式×後輪駆動ベースAWD」を採用した直感で操る楽しさを追求したSUV。

マツダは、クルマをこよなく愛し、
「走る歓びをお届けしたい」という情熱を常に持ち続けています。
エンジン車であろうと、電気自動車であろうと、ハイブリッド車であろうと、
走る歓びに溢れ、心と身体に活力を与えるクルマづくりを続けています。

コックピット

理想的なドライビングポジションを自動調整するドライバー・パーソナライゼーション・システムやフル液晶メーター、大型ディスプレイを新たに採用したコクピット。

運転席に座っていることを想像してみてください。
リラックスした姿勢で座ることができていますか。
実はその姿勢、あなたにとって最適なものではないかもしれません。

ムービー

主要諸元

e-SKYACTIV PHEV

e-SKYACTIV D

SKYACTIV D 3.3

SKYACTIV G 2.5

エンジンタイプ

プラグインハイブリッド

ディーゼルエンジン+マイルドハイブリッド

ディーゼルエンジン

ガソリンエンジン

全長(mm)

4,740

4,740

4,740

4,740

全幅(mm)

1,890

1,890

1,890

1,890

全高(mm)

1,685

1,685

1,685

1,685

ホイールベース(mm)

2,870

2,870

2,870

2,870

トレッド(前/後)(mm)

1,640/1,645

1,640/1,645

1,640/1,645

1,640/1,645